AX 専門的になり過ぎない保険の話

2008年01月08日

西鉄高速バスに乗って

直方から福岡天神行きの西鉄高速バスに乗ったバス

 

たまたま座った席の通路を挟んだ隣の席の若い男性乗客の

様子がどうもおかしい。

何やら独り言をブツブツつぶやいている。

 

以前の私だったら気味悪がったけれども、

生命保険の仕事上、知的障害者施設に出入りするようになって

見方が変わった。

彼らは本当にピュアで人懐っこい。

 

私はすぐに爆睡し、目覚めたのは終点の天神の直前ビル

 

通路を挟んで隣の彼は、車内に響く声で何かをじゃべっている。

ゴジラとヤクルトという言葉しか聞き取れない。

彼の周りには誰も座っていない。

 

天神のバス停に到着すると、彼は料金も払わずに駆け下りていった。

運転手もあっけにとられている。

運転手は上司にどのように報告するのだろうか?

 

しばらくして天神地下街を歩いていると、人ごみの中

猛スピードで走り去る彼の姿を見かけた。

 

彼は無事自宅まで帰り着いたのだろうか?

彼はどこに行きたかったのだろうか?

彼はお金を持っていたのだろうか?

こんな場合、障害者教育の専門家だったらどうするのだろうか?

 

妙に気になって仕方なかった。



 

このブログを引っ越し中


生命保険の理解度5倍UP!
 専門的になり過ぎない保険の話

http://blog.livedoor.jp/geoyukizane/
ラベル:知的障害者
posted by 行実正明 at 23:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 生命保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。