AX 専門的になり過ぎない保険の話: ガイアの夜明け

2007年12月08日

ガイアの夜明け

生命保険業界に関する番組が放送されました。


日経スペシャル「ガイアの夜明け」 124日放送 第292
セイホ戦国時代〜あなたの保険は大丈夫? 

140
年間、規制に守られてきた生保業界が今、激動期を迎えようとしている。
今年10月には郵政民営化で国内最大手の生命保険会社
かんぽ生命が誕生した。
総資産112兆円、日本生命の2倍以上の巨大さだ。
 そして12月には業界最大にして最後の規制緩和、
銀行窓販全面解禁が行われる。販売方式も「生保レディに頼る」時代から、
銀行窓販や来店型店舗、
ネットなど様々な手法で保険商品を売る
時代になってきたのだ。

一方で、保険金未払い問題の発生で、生保業界には逆風が吹き荒れている。
地域や人間関係に頼って契約を取ってきた生保業界も、
生き残りをかける激動期に入った。
日本生命の生保レディや営業現場の密着取材、
地方に根を張るかんぽ生命の
営業活動などを通して、
生命保険の未来図を探る。
http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber/preview071204.html 



生保業界は競争時代を迎えますどんっ(衝撃)

逆に云えば、これまでがよすぎたのです。

 

今まで、保険会社はわかりくい商品を開発して

よくわかっていない保険外交員が、

お客様にわかってもらおうとせず販売し、

ものすごい売上を上げていたのですからむかっ(怒り)

 

チャンネルが増えることは、

消費者にとってプラスだと思います。

 

でも、本当にプラスになるのは、アメリカだと思うのですが…

増田俊男先生の本の読み過ぎかなあexclamation&question

 



ブログ「外貨建て保険で
50万円貯めて、海外旅行に行こう!」も

ぜひご覧ください。

http://yukizane.blog121.fc2.com/

posted by 行実正明 at 00:40| Comment(0) | 保険営業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。